そよ吹く風になる ♪ 

実験、創造のその先へ

私が私にもどる旅⑧〜鳩とシェークスピア

 

2018年、2019年の旅をふりかえっています。

 

 

キフツゲートガーデンを見学したあとは

ストラットフォード・アポン・ エイボン

マナーハウスに泊まりました。

 

f:id:freshmomo:20201110231225j:plain

昔の貴族の邸宅をマナーハウスというそうです。

 

歴史を感じる建物です。

お化け出ないかな?と心配しましたが

中は新しくきれいでゆっくり眠れましたよ。

スパもゴルフ場もありました。

 

 

f:id:freshmomo:20201110231155j:plain


翌朝、宿を出てシェークスピア

生まれ育った地を観光しました。

 

ストラットフォード・アポン・ エイボン

町名はエイボン川のそばっていう

意味なんだそうです。

 

水鳥が遊ぶ川や森、自然豊かで静かな町を

散策していると時間を巻き戻しているような

感覚になります。

 

 

f:id:freshmomo:20201110231713j:plain

ホーリートリニティ教会  

                                     

 

 

シェークスピアと家族が埋葬されています。

 

f:id:freshmomo:20201110231823j:plain

 


学生の頃にシェークスピア作品を読んで

意外とハマったのを覚えています。

 

 

 

f:id:freshmomo:20201110232103j:plain

シェークスピアの生家

 

 

家は裕福な手袋商で二階には工房があります。

 

 

f:id:freshmomo:20201110232144j:plain


 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201110232514j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201110232544j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201110232634j:plain

素敵な窓

 

 

シェイクスピアはこの自然豊かな土地と

恵まれた家庭環境で育ちましたが

手袋商として成功した父親は町の議員になり

その後没落したそうです。

 

早い時期から人の浮き沈みを

見てきたわけですね。

 

シェークスピア作品の魅力は

人間の性質、感情という普遍的なテーマを

扱っているからだと言われています。

 

豊かな環境で育くまれた感性が

人生で起きる様々な出来事を

深く観察する力となったのでしょうか。

 

彼が残した数々の作品は

400年たった今も多くの人に読まれ

舞台で上演されています。

 

 

 

f:id:freshmomo:20201110232641j:plain

窓から見下ろす通り


 

ところで、

ここで買ったガイドブックに

興味深いことが書いてありました。

 

シェークスピア誕生のすぐ後に

ストラッドフォードには腺ペストが流行し

母メアリは疫病が収まるまで実家に

避難していたかもしれないとのこと。

 

彼の生きた時代には何度も疫病が

流行ったそうです。

 

今コロナで世界が混乱しているのだから

時代が変わっても同じですね。

 

もう一度シェークスピアの作品を

読んでみようかな。

ざわざわした心に響く言葉がありそう。

 

 

 

f:id:freshmomo:20201117234554j:plain

 

中庭のお花がきれいでした。

 

あ、そうそう。

映画「シェイクスピアの庭」も見なくちゃ。

 

 

f:id:freshmomo:20201117234623j:plain


 

 

To be, or not to be…

 

鳩がとまってる

f:id:freshmomo:20201118000051j:image