そよ吹く風になる ♪ 

実験、創造のその先へ

私が私にもどる旅⑩〜ハチミツ色の村コッツウォルズ

 

2018年、2019年の旅をふりかえっています。

 

 

コッツウォルズ最終日。

ボートン・オン・ザ・ウォーターから

バスで30分。

この旅で一番楽しみにしていた

バイブリーに到着しました。

 

なんだか見たことあるような

懐かしい風景です。

 

 

f:id:freshmomo:20201122221113j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222526j:plain

 

建物が植物と一体化してる~!

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222553j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222621j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222645j:plain

 

透き通った水、水辺で遊ぶ鳥たち。

 

鮮やかな緑にコッツウォルズ地方の

少し黄色っぽいハチミツ色の石が

よく似合います。

 

f:id:freshmomo:20201122222715j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222728j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222802j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222820j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122222939j:plain

 

ごめんなさい。

通りかかったおうちのお庭の

角にいた女の子があんまり可愛かったので

思わず撮ってしまいました。

 

お庭を楽しんでいるおうちが多いです。

 

 

f:id:freshmomo:20201122222952j:plain

郵便局みたいです。お土産もあります。

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122223018j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122223049j:plain

 

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122223106j:plain

 

植物たちが生き生きしていて

とても綺麗でした。

 

 

モダンデザインの父ウィリアム・モリス

この地を「イングランドでもっとも美しい村」

と呼んだそうです。

 

美しい自然の中で芸術家たちは

たくさんのインスピレーションを受け取り

美しい作品を生み出してきたんでしょうね。

 

 

 

コッツウォルズ」という真夜中の

メッセージが私をここまで連れてきました。

 

この旅で私は長い間忘れていたもの、

大好きなものを思い出しました。

 

この旅を実現できて本当によかった。

なぜならこれをきっかけに私の感じ方が

すっかり変わったからでした。

いや変わったんじゃなく元にもどったんです。

 

このお話は帰国後の記事に書きますね。

 

f:id:freshmomo:20201122223126j:plain

ガーデン用品、さすがに持って帰れず残念!

 

 

f:id:freshmomo:20201122223214j:plain

 

バイブリーを出発し再び

ストラットフォード・アポン・エイボンへ。

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122223233j:plain

 

 

 

 

f:id:freshmomo:20201122223336j:plain

 

マナーハウスにもどってコッツウォルズ

最後の夜を過ごしました。