そよ吹く風になる ♪ 

実験、創造のその先へ

明日は囲炉裏端でおしゃべりします

 

あと一名、参加いただけます。

https://tabica.jp/travels/24990?prcd=Wzpa

tabica.jp

 

おしゃべりします! といっても

もともと話をするのは得意じゃありません。

 

人見知りのくせにすぐに人の話のコシは折るし

言っちゃいけないこともポロっと言っちゃうし

興味がなくなると途端に口数が減ります。

 

どちらかというと人よりも植物とか

人を動かすもの、物事が生まれる仕組みなど

人以外のものに興味があります。

 

2012年からワークショップをやってきて

自分が向いてないことをやっているんだと

つくづく感じています。

 

前からうすうすは気づいていました。

でも長くやれば、一生懸命やっていれば

何かが変わるかなと思っていたんです。

 

でも実際は違っていました。

やればやるほど本来の自分が顔を出し

自分に向いていないことができなくなっています。

 

じゃ〜やめればいいんじゃないかと思うけど

やめようと思うとなぜかイベントに

お申し込みが入るんですよ。

 

私にとってはワークショップやイベントも

かわいい自分の作品なので

必要としてくれる人がいるのなら続けたい。

 

そして残念ながら自分に向いていないことが

向いてるようにはならなかったけれど

かわりに違うことができるようになりました。

 

粘土の作品作りや写真もそうだけど

「場をつくる」ことができるようになったのは

今までやってきた副産物です。

 

つながりが生まれる場

気づきが起きる場

新しい何かが生まれる場

それぞれに必要なことが必要な分だけ起きる場

 

そんな場づくりをしています。

これからは副産物ではなくメインになりそうです。

「囲炉裏端」で私がやるのは囲炉裏の火を

絶やさないことだけ。

特に私が苦手な話をしなくても進むのが面白いです。

 

結局向いてる向いてないじゃなく

やりたいかやりたくないかなんですね。

 

 

私がワークショップをやりだした当初の目的は

自分の体験を必要な人にシェアすることでした。

 

話は得意じゃないけれどいろんなことを

克服してきた体験は話せます。

 

このブログもそうだけど、

せっかくシェアする場があるんだもんね。

 

本当にやめたくなる日が来るまでは

向いていないことも楽しみながら

やっていこう!