そよ吹く風になる ♪ 

実験、創造のその先へ

絵本をつくろう♪

 

やっと2018~2019年の旅を終えました。

私にもどる旅〜2019年アイルランド・スコットランド編

 

4~5記事で終わる予定が

24記事にもなってしまい

おかげで眠っていた写真を

たくさんシェアできました。

 

 

 

2019年秋、旅からもどってしばらくして

私の頭にポ~ンと「絵本」という

単語が浮かんできました。

 

数年に一度こういうことがあります。

これはこっちに行くと楽しいよっていう

道案内のようなものです。

でも単語だけなのでよく迷います。

 

絵本のような世界からもどったばかり。

でも絵本をどうすればいいの?

絵本の読み聞かせ? それとも読書会?

あれこれ考えてもピンとこず。。

 

図書館で懐かしい絵本を手に取ってみたり

知人に誘われた絵本作家ターシャチューダーの

関連イベントに参加したり、

一人で軽井沢の絵本美術館まで旅したり。

 

それはとても楽しかったけれど

何のために自分がそこにいるのか

わからないまま。

こういうときは寝かせるに限ります。

 

こうして時間が過ぎるうちに

目指す方向、テーマが明確になり

やりたいことの輪郭が少しずつ

はっきりしてきました。

 

そして今年になって人を介し頻繁に

「絵本をつくる」のメッセージが

やってきたのです。

 

それまで絵本は読むものだと

思い込んでいたけれど

「つくる」と思ったら

急にワクワクしてきました。

 

私にとってこの感覚は

やろうよ!っていう合図です。

 

 

こうして「絵本を読む」が

「絵本をつくる」に変わり

私の新しい目標になりました。

 

私の性質を生かせる場所で

独自の感性を表現していくことが

誰かの癒しや希望になり

いつか自分の豊かさにも

つながるなら最高です。

 

ただ問題がひとつ。。

私は絵をちゃんと描いたことがないし

専門的な勉強もしていません。

もう若くもありません。

そんな私が絵本をつくれるのでしょうか?

 

「いやぁ、できるでしょ」

ともう一人の自分が答えます。

「伝えたい思いを形にするだけだよ」って。

 

そうだ、つくるだけなら簡単かも。

絵本をつくる方法も形も

いろいろありそうです。

それを見てもらえるかどうかは

そのとき考えればいいですよね。

 

気が変わっても途中で投げ出しても

いいじゃないですか。

とにかく楽しくやれることが

今の私に必要。

 

外に出なくてもできるから

夫を介護しながらでも取り組めます。

急ぐ必要もありません。

 

 

自分らしい生き方を求め

何度も迷子になりながら

経験してきたいろんな出来事が

私の伝えたい思い、世界観を

大きく育ててくれていたことに

気づきます。

 

自分の人生をあきらめずにいて

よかったなぁ。

いつも道案内し続けた自分自身に感謝。

 

 

これからやっと始まります!

 

 

f:id:freshmomo:20210329233755j:image

2019、秋 軽井沢絵本美術館

 


f:id:freshmomo:20210329233809j:image

 

 


f:id:freshmomo:20210329233813j:image

タリアセンで遊ぶ